山賊焼

山賊焼き 信州松本名物の鶏肉料理

山賊焼きってなんだろう?

唐揚げではありません。竜田揚げでもありません。
県外の信州人なら、帰郷して真っ先に食べたい!
あの味付け、あのボリュームが頭から離れない!

現在、圧倒的に支持されている鶏肉料理として、
多くの専門店や、飲食店、居酒屋、
そしてスーパー惣菜の必須メニューになっている。

それが信州名物「山賊焼き」です!

あなたも山賊焼きに興味が沸いてきませんか?

「ありがとうございます!サンゾク一丁!!」


「山賊焼き」のこと、もっと知って下さい!

  • 山賊焼って何?
  • 山賊焼の由来
  • 揚げているのにどうして”山賊焼き”なの?
教えて!

山賊焼トップへ

「本郷の山賊焼き」 2つのこだわり

素材のこだわり

柔らかな鶏肉 新鮮な鶏のもも・むね肉を創業50年の当社の秘伝のにんにく醤油ダレにじっくり漬け込みます。こうして肉の中までしっかりと味が染み込み、
やみつきの味を生み出しているのです。    

作り手のこだわり

鶏のもも肉・むね肉を、見た目良く、食べやすく、
なおかつ大判にさばくことが大切です。
そして、独自の粉付けをほどこし、揚げ方もしっか
りと二度揚げをする事でカラッと揚がり 豪快
美味しそう「山賊焼き」となるのです。

本郷の山賊焼は40年に渡って主に信州中信地区
のスーパーや飲食店で販売させていただいております。

山賊焼トップへ

山賊焼きはこう食するべし!!

付け合わせの定番は、やはり信州高原野菜代表のキャベツです。

その大きな葉を一枚ひいた上にドッカンと山賊焼きを置きます。

そして、山賊のイメージで豪快にかぶりつく!

キャベツには塩をパラリとかけて、かじりつく!

そしてお酒と一緒に流し込む!

これが醍醐味です。

また、ポン酢ノンオイルドレッシングとも相性ピッタリです。

さっぱりと食べられるので、女性にも人気です。

山賊焼トップへ